現場初日

今日から発掘現場作業の開始です!

本日は調査初日ということで、発掘調査に使う機材の搬入作業と伐採がおもな作業となりました。

今回、調査する万籟山古墳は険しい山中にあり、人の立ち入りがないため、昨年伐採作業をした場所もすぐに草が生えてきてしまいます。ですので、毎回調査の前にはしっかり草を刈って、古墳のカタチを出すことが大切なのです。

また、古墳からは大阪~神戸の景色がよくみえます。

発掘調査というと、土をドンドン掘っていくイメージを持たれる方が多いかとおもいますが、安全に調査ができるように周辺環境の整備をおこなうことも、同じくらい大切な仕事です。

けが人が出ないよう、しっかり調査を進めていきたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、まだ調査が始まったばかりで成果がありませんので、本日は古墳時代にかんする用語のコラムをお届けします。第1回はこちらです!これでみなさんも古墳好きになりましょう。

〈第1回:竪穴系埋葬施設(たてあなけいまいそうしせつ)〉

トンネル状になった石の通路を通って、石棺などがおかれた部屋にはいることのできる埋葬施設は、一般に横穴式石室と呼ばれます。古墳というと、こうした横穴式石室を思い浮かべる方が多いかもしれません(下図の右側です)。

 

埋葬施設のうつりかわり

 

たいして竪穴系埋葬施設は、古墳のてっぺんなどから大きな墓穴(「墓壙(ぼこう)」と呼ばれます)を掘って、そのなかに棺おけを入れる埋葬施設の総称です。特に古墳時代前期から中期はこうした埋葬施設が主流となっています。

 

墳丘と竪穴系埋葬施設の関係

 

今回は、竪穴系埋葬施設のうちから代表的なものをご紹介しましょう。

①竪穴式石室(竪穴式石槨)

木棺のまわりに小さな石材を多量に積み上げて、密封する施設です。一番上には巨大な天井石がかけられており、棺を厳重に封印する思想が読み取れます。

かつて大阪大学が調査に携わった滋賀県雪野山古墳や、今回調査する万籟山古墳が代表的な例です。

雪野山古墳の竪穴式石室

②粘土槨(ねんどかく)

棺を大量の粘土で完全にパックしてしまうもので、竪穴式石室と違って棺の周囲に隙間がない点が特徴です。

過去調査された事例では、丸太状の工具で粘土の表面をたたきしめた痕跡がみつかっており、棺をつくったひとびとが、亡くなった首長の遺体を厳重に密封しようとしたことがよくわかります。

代表例としては大阪府の庭鳥塚古墳や、大阪大学が過去に調査を行った兵庫県長尾山古墳が挙げられます。

粘土槨(長尾山古墳)

埋葬施設にもいろいろありますが、特に古墳時代でも前半期の埋葬施設には、首長の遺骸を厳重に封印する思想が表れているといえます。

そうした思想の源流は中国の漢帝国にあると言われていますが、日本で独自の変化を遂げたものともいえるかもしれません。前方後円墳という世界的に見ても変わった墳墓とあわせて、そのルーツや反映された思想をよみとくことは、考古学者の大きなテーマの一つです。

 

これからも少しずつ、古墳にかんするコラムをお届けしようと考えておりますので、お楽しみに!(U)

事前勉強会&結団式

 

はじめまして。

大阪大学考古学研究室、万籟山古墳発掘調査団のブログ担当です。

本日より、日々の調査の成果や調査の一コマなどを、このブログで発信していきます。よろしくお願いいたします。

 

さて、今日から、わたしたち大阪大学考古学研究室は兵庫県万籟山古墳の調査にはいりました。といっても、調査初日の今日は、古墳の発掘調査に先立っての勉強会でした。

今回の調査で発掘する万籟山古墳は、古墳時代(3世紀中ごろから7世紀)につくられた有力者の墳墓です。今回の事前勉強会は、古墳の外表施設(葺石(ふきいし)など)、埴輪(はにわ)、副葬品などの基本的な知識をみんなで身につけようという目的で行いました。

各テーマ担当の3年生が、作成した資料をもとに発表していきます。

古墳時代にかんする基本的な知識(たとえば、古墳とはどのようなカタチがあるかといったことなど)から、埴輪のこまかな特徴まで、もりだくさんの内容でした。

 

なお、古墳にかんする基礎知識については、本ブログの右上にある「中学生・高校生のみなさんへ」のページでご紹介しています。興味がある方は、是非のぞいてみてください。

 

3年生による発表に続いて大学院生から、昨年度の調査成果や現場での諸注意にかんする発表もありました。やや専門的な内容になっていきます。

 

事前勉強会のあとは結団式です。

この結団式は、いかめしい名前なのですが、要は発掘調査の諸連絡、自己紹介といった内容です。

はじめに研究室の福永伸哉先生より、今回の調査についてご説明いただきました。

 

また、今回はじめて顔を合わせる人も多かったため、自己紹介も行いました。

 

いよいよ明日からは現場での作業です。三寒四温の不安定な天気ですが、無事に調査を終えられるよう、ケガに気を付けて頑張りたいと思います!(U)