掘ること以外も発掘調査です

調査も進み、掘削以外の作業も増えてきています。

レベルをつかう調査団員

特に、検出した遺構(発掘調査で出土したもののうち、埴輪などポータブルなものを遺物(いぶつ)、墳丘や葺石などを遺構(いこう)といいます)を図面にしていく作業は、調査の成果をのこすためにもとても重要な作業です。

しかし、考古学における図化作業とは、単なるスケッチではありません。

真上からみた図、真横から見た図など複数の種類の図面を作成して、遺構・遺物の正確なサイズや特徴を記録する必要があるのです。

そのためには、高さや位置の基準となる杭の存在が不可欠です。そして、基準となる杭に標高を落とすことなども、調査における重要なことの一つです。

では実際に、杭の標高を求めるには、どのような作業をしているのでしょうか?
今回は、「レベル移動」と呼ばれる作業のしくみをごくかんたんにご紹介したいと思います!

〈コラム:標高をもとめるしくみ〉

レベル移動とよばれる作業は、例えば標高が判明している杭や基準点をもとに、他の標高が分かっていない杭やポイントの標高を求めるときに行う作業です。
その仕組みは簡単に説明すると以下のようになります。

①すでにわかっている杭(仮に杭Aとしましょう)の標高を確認します。
この場合は杭Aの標高が、T.P.=100.000です。(T.P.については3月5日の記事をご参照ください)
杭Bの標高はわかっていません。

②杭Aと杭Bの間にレベルと呼ばれる器械をたてます。レベルとは、360度どの向きでも、水平に同じ高さをみることができる器械です。
杭Aにスタッフと呼ばれる大きなものさしのような道具を立てて、レベルで数値を読み取ります。
1.500mとよめました!

③杭Aとレベルの高さの差が1.500mということなので、レベルそのものの標高は

100.000m+1.500m=101.500m

となりました。④レベルをそのままの位置にすえたまま、今度は杭Bを向きます。杭Bにも同様にスタッフをたてて数値を読むと、
0.500m
とでました。

⑤杭Bの高さが、「レベルより0.500m低い」ということですので、レベルの標高から0.500mを引いた数字が、杭Bの標高ということになります。

101.500m-0.500m=101.000m

よって、杭Bの標高は101.000mとなります。


これで、杭Aをもとに、杭Bの標高を求めることができました!

実際の現場では、この単純な作業の中でも細かい手順や注意点が多くあります。
発掘調査は、単に掘るだけでなく、こうした作業を組み合わせて進めていくのです。日本では、考古学が文学部にあることが多いのですが、工学部のように測量技術も習得する必要があります。

今回はそうした作業の一端をご紹介しました。(U)

どんどんでてくる葺石

こんばんは!ブログ担当のUです。
さて、現場では葺石の検出が順調に進んでいます。
調査区内にある石も多くなってきたため、慎重に掘り進んでいきます。

石のあいだにはさまった土を取り除くときには、小さなスコップや
竹ベラを使います。

葺石の輪郭がはっきりわかるように、慎重かつしっかりと掘ることは時間のかかる作業ですが、ここで手を抜くことはできません。

地道な作業ですが、がんばります!

〈コラム:摂津の古墳〉

さて、万籟山古墳からは、眼下にひろがる平野が一望できます。

この平野にも古墳は多くありますが、じつはその中には、通常山の上にあることが多い「前期古墳」も含まれます(過去記事コラム参照)

今回はそのなかからいくつかご紹介したいと思います。

■安倉高塚古墳(梅原末治1939「小浜村赤烏七年鏡出土の古墳」『兵庫県史蹟名勝天然記念物調査報告書』14)

おなじ宝塚市にある安倉高塚古墳は直径約17mの円墳で、竪穴式石室を採用しています。もしかすると、前方後円墳である可能性もあります。

この古墳からは装身具や、「赤烏(せきう)七年」の銘がはいった銅鏡が出土しており、学界でもとても有名です。

■西求女塚古墳(神戸市教育委員会2004『西求女塚古墳発掘調査報告書』)

神戸市にある全長約98mの前方後方墳で、内部施設として竪穴式石室を採用しています。しかし、過
去の地震で石室は大きく崩れており、災害の痕跡を読み取れる遺跡としても有名です。

この古墳からは、三角縁神獣鏡を含め多数の銅鏡も出土しています。周囲にある古墳とあわせて、西摂津地域をおさめる有力者の古墳であると考えられています。

いかがだったでしょうか?これからもすこしずつ紹介していきますのでお楽しみに!(U)

 

続々出土、万籟山古墳の埴輪

今日は、晴れたり曇ったりの不安定な天気でした。

万籟山古墳から甲山をのぞむ

山頂ということで強風が吹きすさぶ中、頑張って調査を進めていきます。

今日も石のすきまから埴輪片が…

最初に顔をのぞかせた時は、どのくらいの大きさの破片であるかはわかりません。

破片をこわさないよう、竹べらを用いて慎重に検出していきます。

出土!

掘り出してみると、最初にみえていたのは、全体のうちのわずかな部分であることがわかります。

破片の真ん中にある、帯状に突出した部分は「突帯(とったい)」といいます。
突帯は、その埴輪が古いものか新しいものかを考えるときや、同じ埴輪づくりの集団によってつくられた製品であるのか、などを判定する重要な手がかりです。

さて、埴輪の種類は前にご紹介しましたが、では埴輪はどのようにつくるのでしょうか?
今回の特別コラムでは、わが研究室の埴輪大好き人間2号であるNさんから、埴輪のつくりかたについてご紹介いただきます!

〈コラム:埴輪の世界〉

第二回 埴輪のつくりかた

こんばんは!Nです。今回は埴輪のつくりかたをご紹介したいとおもいます!

円筒埴輪は土管のような焼き物です。

粘土の紐を輪積みして、つくっていくのです。

では、具体的なつくりかたをイラストでみていきましょう!

■作り方

①粘土の板を輪っかにして基部(きぶ)を作ります。

②つくった基部の上に粘土の輪っか(粘土紐)を積み上げていき、筒(体部)を作っていきます。

③特定の高さまで体部が出来上がったら、木の板で器面(きめん)を馴らしていきます(ハケ調整)。

④体部に粘土紐を貼付けて、突帯という円筒埴輪の段を区切る部分をつけます。

⑤、①~④の工程を繰り返して筒を作った後、最上段(口縁部:こうえんぶ)を成形します。

⑥スカシという孔をあけて完成です。

こういう工程を経て、円筒埴輪はつくられるのですが、製作工程を把握することで、破片であっても埴輪の部位や特徴が判明します。調査が進むにつれて、さらに埴輪の出土が予想されますので、成果をおたのしみに(N)

縁の下の力持ち、生活当番

今日は非常に暖かかったですね。作業の方もどんどん進んでおります。

葺石と葺石の間からは、埴輪のかけらもみつかっています。自分の手で掘りだしたときは、喜びもひとしおです。

喜びもひとしおの調査団員

埴輪については、過去のブログでもご紹介しました。興味がある方は3月2日の記事にある埴輪コラムをぜひ読んでみてください!

さて、これまでは調査の経過などを報告してきましたが、本日は宿舎生活をささえる「生活当番」についてご紹介します!

調査団には、現場に行くメンバーと宿舎で家事を行うメンバー(生活当番)がいます。

生活当番は、毎朝6時半に起床し寝ぼけ眼でみんなの朝ごはんをつくります。

朝のつらさが背中ににじんでいます。

その後現場に向かうメンバーを送り出したのち、洗濯や掃除をします。

生活当番の日は、現場作業がなく休息する時間でもあるのですが、むしろこちらの方がしんどいという人もいます。僕もそのうちの一人です。

今日は、夕食時、特別にサモサをつくる生活当番!インド料理。味も抜群。

その他にもプリンやみかんなどの差し入れをいただきました。

ありがとうございました!

 

調査メンバーお手製のバケツプリン

夕飯のあとにも作業があります。

現場や宿舎生活についての報告や引き継ぎを行う宿舎ミーティング、取り上げた遺物の整理、その他翌日の準備。

これらがすべて終わったら明日に備えて就寝です。

明日も頑張ります!(Ko)

標高を測るということ

本日も昨日に引き続き葺石をおいかけて、掘削作業を進めました。

前方部の調査区、後円部の調査区とともに成果が上がりつつあります。調査区のまわりは整理整頓を心がけつつ、掘り進めていきます。

こうした掘削作業も大切ですが、検出された葺石の”高さ”などをはかる作業もとても大切です。これは葺石だけではなく、堆積した土層の厚さ、古墳の墳頂から前方部の比高差など、調査の上で、一定の基準のもと、高さを測る必要があります。

万籟山古墳の発掘調査では、あるポイントに任意の高さをきめて、そこを基準にするのではなく、T.P.(東京湾平均海面、いわゆる海抜)を用いています。下の写真のように測量機器を用いて、標高が判明している地点から古墳までレベル移動という作業をおこない、昨年の調査では万籟山古墳の標高が判明しました。今年の調査でも墳丘上に杭を打ち込み、そこに㎜単位で標高値を与えます。こうした精度をもって古墳の測量や調査成果を図面に記録したりします。

こうした調査で必要な作業に、”高さ”は欠かせないだけではなく、古墳を考える上でもこうした数値は大切です。万籟山古墳は墳頂の高さがT.P.215mをはかりますが、大阪大学考古学研究室が発掘調査をおこなった長尾山古墳はT.P.121m。池田茶臼山古墳はT.P.86mです。豊中市にある大石塚古墳はT.P.23m、待兼山1号墳はT.P.65mの高さに築かれています。

このように比べてみると、同世代といってもよいほど、近い時期に築造された古墳ですが、標高が大きく異なります。万籟山古墳はまさに前期古墳らしい標高の高いところに築造されたといえます。とくに長尾山古墳は万籟山古墳から見下ろす位置にあり、このことが被葬者間の力関係を示すのか、両者の関係性が興味深いところです。

こうしたことも念頭に置きながら、明日も調査をがんばりたいとおもいます。(U)

みえはじめた葺石

本日もさいわい晴天です!
昨日に引き続き、どんどん掘削を進めます。

現在の墳丘をおおっている表土のしたからは、徐々に大きな石材が顔をのぞかせてきています。

こうした石材は、葺石(ふきいし)であると考えられます(下のコラム参照)。ただしその葺石が、古墳がつくられた当時そのままの位置にあるのか、あるいは長い年月によって下方に滑り落ちているのか(転落石)などを判断しながら、掘り進めなければなりません。

もし転落している石を、古墳築造当時のものであると誤って理解してしまえば、その古墳の本当の葺石が転落石の下に埋もれたままになってしまいます。当然、古墳の規模など、葺石をもとに判断する情報も、間違ったものになってしまうのです。

スピーディに、かつ慎重に検出をしていくことは、古墳発掘の難しいところでもあり、醍醐味でもあります。

古墳がつくられたオリジナルの姿を復元するためには、こうした地道な作業が必要になってくるのです。

〈古墳コラム:第3回〉

さて今回は、ブログ本文でもでてきた「葺石」について、ご紹介します。

古墳というと、緑の木々におおわれた、モコモコの姿を思い浮かべる方もおおいのではないでしょうか?

上石津ミサンザイ古墳(上空から)

 

しかし、実はこれは古墳がつくられた当時の姿ではないのです!

古墳は主に土を積んだり、山の尾根を削ってつくられることが多いです。

しかし、その仕上げに際しては、土そのままではなく表面に人頭大などの石を設置して、荘厳に飾り立てるのです。石を置くといっても、ただ単に表面に置くのではなく、しっかりと墳丘の土のなかに食い込ませて、長持ちさせようという所作がみとめられます。

この写真は兵庫県長尾山古墳で検出された葺石の様子です。斜面にそって石が並んでいるのがわかります。石を葺いた斜面の一番下には、基底石(きていせき)と呼ばれる大きめの石をおいて、区切りとしていることが多いのです。

石によって古墳を飾り立てることは、埴輪とあわせて古墳を荘厳にみせる重要な装置でした。いまは木々が生い茂って見えなくても、巨大な古墳の多くは、かつて上記のような姿だったのです。

 兵庫県五色塚古墳や、岐阜県昼飯大塚古墳(この写真の古墳)など、墳丘の復元整備がなされた古墳を訪れれば、当時の姿を偲ぶことができます。ぜひ訪れてみてください!(U)

 

いよいよ掘削開始!

こんばんわ。ブログ担当のUです。

本日は、雨天だった昨日とはうってかわって、気持ちの良い青空でした!

遠くまでよくみえます。思わず景色に見とれてしまっています。

 

さて今回は、発掘調査の一日の流れをご紹介したいと思います。

今日から掘削開始ということで、設定した調査区の範囲を、表面にある腐葉土から順に掘り下げていきます。

ところで、掘りあげた土はどうするのかというと、そのまま周りにほったらかしにするのではありません。
土のう袋に詰めて、一か所にまとめて積んでおくのです。


土のうを積むときにも、きっちり並べて積まないと、崩れたりして事故の原因となりかねませんので、注意が必要です。

はじめて参加する人は、先輩から土のうの作り方を教わっていました。

先輩の丁寧な指導が光ります。

 

調査の成果はその日のうちに、現場でのミーティングで共有します。ミーティングの際には、みんなで各トレンチをまわり、担当の学生がその日の成果を報告します。

トレンチが複数個所に分かれている場合にも、このように他トレンチの成果を把握することは、とても重要です。

他のトレンチでも自分のところと似たような土が出てきていないかなどの情報が、自分がいる調査区の発掘においても不可欠な情報になります。

夕方、作業が終了したら、保護のため調査区全体にブルーシートをかけます。

チームワークが試されるときです!

また、作業のあとは道具についた土をみんなで落とします。毎日使う道具を、安全に、長く使えるよう手入れをすることも、調査そのものと同様、大事な作業です。

いかがだったでしょうか?発掘調査と一口に言っても、ただ土を掘るだけでなく、現場全体のケアが重要な作業であることをわかっていただけたら幸いです。

今回の調査の目的は、万籟山古墳の墳丘の大きさや構造についての情報を得ることです。
明日以降も掘削が進めば、徐々にそういった成果がお届けできるかと思いますので、お楽しみに!

(本日はコラムはお休みです。楽しみにしていた方には申し訳ありません…)

 

調査三日目は雨でひとやすみ

こんばんわ。ブログ担当のUです。
本日はあいにくの天気であったので、現場作業は休みでした。

ということで、今日のコラムは、埴輪(はにわ)第1弾をお届けします!

今回担当してくれるのは、埴輪大好きK君です。

濃厚なハニワールドへ、いざ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

〈コラム:埴輪の世界〉

第一回 埴輪とは何か

はじめまして!四六時中、埴輪のことを考えているKです。

今日のブログでは、埴輪の話をしましょう。

埴輪とは、古墳に立てられる土製品(どせいひん)のことを指します。同じ土製品でも、縄文時代などの「土偶(どぐう)」とは、時代もカタチもおおきさも全く異なるものです。

■埴輪の種類

埴輪と言えば人や馬の形をした埴輪を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、それだけではありません。

まず、埴輪には大きく分けて「円筒(えんとう)埴輪」と「形象(けいしょう)埴輪」の2種類が存在します。

 

形象埴輪は

・偉い人にさしかける傘を模した蓋形(きぬがさがた)埴輪
・盾を模した盾形(たてがた)埴輪
・さまざまな種類の鳥を模した鳥形(とりがた)埴輪(鶏形や水鳥形など)
・家を模した家形(いえがた)埴輪
・人物(じんぶつ)埴輪、馬形(うまがた)埴輪

などの総称です。

 

 

一方で、円筒埴輪は、土管状の形をした埴輪のことで、下から上まで筒状をしている普通円筒(ふつうえんとう)埴輪と、下が筒状で上が大きく広がる朝顔形(あさがおがた)埴輪に分けられます。

 

普通円筒埴輪の原形は、弥生時代に、岡山県などで築造された墳丘墓(ふんきゅうぼ)において供えられた、特殊器台(とくしゅきだい)と考えられています。


また、朝顔形埴輪の原形は特殊器台の上に壺(つぼ)をのせた様子であると推定されます。

 

■埴輪の考古学的な意義

埴輪は、人物埴輪などのように芸術的価値があるだけではありません。古墳の時期を決める”ものさし”になるほか、古墳時代という時代の特徴を知る手がかりともなります。

例えば、人物埴輪の服飾や家形埴輪の形などから、当時の衣・食・住を復元することができます。とくに衣類などは有機質であるために土中で分解され、発掘調査で出土することは極めてまれです。当時のファッションを復元するために、埴輪がもっている情報は貴重です。

また、埴輪にはさまざまなつくり方やその癖があり、用いられた技術や方法を観察することによって、つくり手の集団を復元することができます。もし遠く離れた古墳に同じ埴輪づくりの特徴をもつ埴輪が出土すれば、同一あるいは同じ流派の埴輪製作集団を推測することができ、この背景に人やモノを融通しあうような被葬者間のつながりを想定することもできます。したがって埴輪は、古墳被葬者の政治的な関係にまで踏み込んで議論することができる考古資料といえます。

今回、わたしたちが調査を行っている万籟山古墳が位置する猪名川(いながわ)流域では、万籟山古墳と近い時期の古墳が何基か存在しますが、これらの古墳の埴輪をつくった人たちと万籟山古墳の埴輪をつくった人たちは同じなのでしょうか、違うのでしょうか。また、違う場合、どの程度の交流があったのでしょうか。

このような視点は、猪名川流域における各小地域の交流度合いをはかる上でも欠かせないものになります。

さて、今日は埴輪の種類と埴輪研究の意義を説明しましたが、そのつくり方や配置の仕方、時期決定の方法などについては十分に説明できませんでした。まだまだおはなししたいことがありますので、この続きはまた今度ということにしておきましょう。(K)

現場二日目

調査二日目です。

調査を始める前に、本日予定されている作業をみんなで確認します。

 

確認の後、いよいよ作業開始です!

本日のおもな作業内容は、昨日に引き続きの下草などの伐採作業と、古墳のどの部分を掘削するのかといったことを決める「トレンチ設定」でした。

発掘調査を行う時に、場所も考えず、むやみやたらに掘りすすめてしまうと、適切な情報が得ることができないばかりでなく、必要以上に遺跡を掘り起こすこととなり、場合によっては遺構を痛めてしまうことになります。発掘調査は、ある意味では、破壊をともないます。そのため、手術の時に最低限の切開でとどめるのに似て、十分なねらいをつけて掘りすすめます。

 

上の写真にある測量機械(トータルステーション)を用いて、調査区の位置を決めていきます。

この機械は、調査した地点が地図上のどこにあるのか、などの情報を決める際に重要な作業(閉合トラバースと呼ばれる作業です)にも使われ、考古学の調査においてとても重要なものです。

一方、伐採は地道な作業ですが、発掘中の安全のためや、後々掘ったトレンチの写真撮影などをする際にとても大事になってきます。

 

最後に、その日の作業成果を皆で共有・吟味する現場ミーティングを行って本日の作業は終了です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、コラム第2回です。

〈第2回 古墳の立地について〉

古墳というと、みなさん下の写真のようなものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

空からみた百舌鳥古墳群

これは大阪府堺市にある百舌鳥(もず)古墳群です。日本一大きな大仙(だいせん)古墳(大仙陵古墳とも呼ばれます)を擁する古墳群として有名ですね。

百舌鳥古墳群は、古墳時代でも中期(おおよそ5世紀)の古墳群です。中期の古墳は写真のように平野に築かれることが多いのです。

一方、わたしたちが現在調査している万籟山古墳は、古墳時代前期の古墳であると考えられていますが、その立地は上の百舌鳥古墳群などとは大きくことなります。

上の写真は万籟山古墳からの眺めです。ごらんの通り、平野をみおろす高い山の上に古墳があることがわかります。

このように前期の古墳は、集落に住む人々から見上げられるような場所、逆に古墳からみれば、自分たちの地域を見下ろす立地を意識しているのです。
地図上では近い位置にある古墳どうしが、見通せる関係にあるのか、それとも山塊などで眺望を阻まれた関係にあるのかなども、古墳やその被葬者の性格を考えるうえで重要であると言えるでしょう。

古墳時代でも後期になると、ふたたび山のうえに古墳が築かれるようになります。ただし、古墳のあり方は前期のものと大きく変わり、小さな古墳が多く密集する「群集墳(ぐんしゅうふん)」とよばれるものになるのが最大の特徴です。

「群集墳」については、またこのコラムで別に扱う予定ですので、お楽しみに!

以上、本日は古墳の立地についてでした。(U)

現場初日

今日から発掘現場作業の開始です!

本日は調査初日ということで、発掘調査に使う機材の搬入作業と伐採がおもな作業となりました。

今回、調査する万籟山古墳は険しい山中にあり、人の立ち入りがないため、昨年伐採作業をした場所もすぐに草が生えてきてしまいます。ですので、毎回調査の前にはしっかり草を刈って、古墳のカタチを出すことが大切なのです。

また、古墳からは大阪~神戸の景色がよくみえます。

発掘調査というと、土をドンドン掘っていくイメージを持たれる方が多いかとおもいますが、安全に調査ができるように周辺環境の整備をおこなうことも、同じくらい大切な仕事です。

けが人が出ないよう、しっかり調査を進めていきたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、まだ調査が始まったばかりで成果がありませんので、本日は古墳時代にかんする用語のコラムをお届けします。第1回はこちらです!これでみなさんも古墳好きになりましょう。

〈第1回:竪穴系埋葬施設(たてあなけいまいそうしせつ)〉

トンネル状になった石の通路を通って、石棺などがおかれた部屋にはいることのできる埋葬施設は、一般に横穴式石室と呼ばれます。古墳というと、こうした横穴式石室を思い浮かべる方が多いかもしれません(下図の右側です)。

 

埋葬施設のうつりかわり

 

たいして竪穴系埋葬施設は、古墳のてっぺんなどから大きな墓穴(「墓壙(ぼこう)」と呼ばれます)を掘って、そのなかに棺おけを入れる埋葬施設の総称です。特に古墳時代前期から中期はこうした埋葬施設が主流となっています。

 

墳丘と竪穴系埋葬施設の関係

 

今回は、竪穴系埋葬施設のうちから代表的なものをご紹介しましょう。

①竪穴式石室(竪穴式石槨)

木棺のまわりに小さな石材を多量に積み上げて、密封する施設です。一番上には巨大な天井石がかけられており、棺を厳重に封印する思想が読み取れます。

かつて大阪大学が調査に携わった滋賀県雪野山古墳や、今回調査する万籟山古墳が代表的な例です。

雪野山古墳の竪穴式石室

②粘土槨(ねんどかく)

棺を大量の粘土で完全にパックしてしまうもので、竪穴式石室と違って棺の周囲に隙間がない点が特徴です。

過去調査された事例では、丸太状の工具で粘土の表面をたたきしめた痕跡がみつかっており、棺をつくったひとびとが、亡くなった首長の遺体を厳重に密封しようとしたことがよくわかります。

代表例としては大阪府の庭鳥塚古墳や、大阪大学が過去に調査を行った兵庫県長尾山古墳が挙げられます。

粘土槨(長尾山古墳)

埋葬施設にもいろいろありますが、特に古墳時代でも前半期の埋葬施設には、首長の遺骸を厳重に封印する思想が表れているといえます。

そうした思想の源流は中国の漢帝国にあると言われていますが、日本で独自の変化を遂げたものともいえるかもしれません。前方後円墳という世界的に見ても変わった墳墓とあわせて、そのルーツや反映された思想をよみとくことは、考古学者の大きなテーマの一つです。

 

これからも少しずつ、古墳にかんするコラムをお届けしようと考えておりますので、お楽しみに!(U)